黒壁二號館 黒壁ガラススタジオは、企画展「樫田睦 齋藤直 二人展 ~花鳥風月 夏の涼~」を開催致します。

「花鳥風月」をテーマに独創的で優美な世界観を見事に表現したお二人の、黒壁では 2回目の作品展です。ボロシリケイトガラスを素材とした、確かな技術力と多彩な表現力による美しい作品が揃います。

今展では花鳥風月をテーマに、暑い夏を涼やかに彩る作品をはじめ、食器やガラスペン、アクセサリー、そして今展ならではの、お二人によるコラボレート作品など、バーナーワークの技法による多彩な作品、約150点が並びます。

お二人の2年間の軌跡を感じながら、ぜひお愉しみ頂けましたら幸いです。

企画展概要

会期/2021年8月3日(火)〜8月29日(日)
時間/10:00〜17:00
期間中休館日/8月23日(月)
作家在廊日/8月3日(火)、15日(日)、29日(日)
店舗/黒壁2號館 黒壁ガラススタジオ 2F
住所/〒526-0059
滋賀県長浜市元浜町12-38
お問合せ/Tel.0749-65-2330(代)

※休館日、作家在廊日は状況により変更あり

https://www.kurokabe.co.jp/event/9388/

DM作品は樫田氏の金魚を構成した「金魚の回遊」
琉金
回遊するガラス細工

樫田さんの金魚の魅力は、シルエットの完成度が程よくデフォルメされた動きの優雅さだと感じます、
それぞれの金魚が個性があり一番美しく見える角度で配置する事が重要だと思いました。
それに合わせて水の動きや水草を使って躍動感が出る様まとまった良い作品だと思います。
「回遊するガラス」をテーマ・イメージに、
金魚の優雅で楽しい動きの一瞬を見て頂きたいです。
また、回遊とゆう言葉は黒壁界隈が私の中で回遊の意味である
「あちこちを遊覧して回ること。」の様な何かあてもなくぶらぶらしても楽しめる街という印象で、
今回の作品タイトルとなりました。

今大人気の樫田さんのステーショナリーブランド「色華硝子」より作品お買い上げの方に素敵なプレゼントがある、
らしいよ。コソッ

期間も長く、ガラスを堪能できるすてきな街なのでぜひお越しください。